転職後に広がったお弁当のイメージ

user-pic
0
<PR>航空整備士の転職情報

お弁当と言えば通常はお昼に食べるもので、
四角、もしくは丸型のお弁当箱に御飯、副菜が何品か、
それに場合によってはデザートっていう
イメージが私の中にはありました。

お昼っていうのは中学、高校、大学とお弁当をお昼に
食べていたからそういうイメージなんでしょう。

でも仕事を始めるとそのイメージは崩れるというか、
イメージの幅が大きく広がるという出来事が多いですね。

転職前の職場は数名の強者はいましたが、だいたいは
今まで私がイメージしていたお弁当を食べている人が
多かったんです。

ところが、転職先は違いましたね。
転職前の職場は若い人が中心で、殆どが未婚だったんです。
一方、転職後は比較的年配の方もいて働くおばちゃんたちが
いっぱいだったんです。

そこで見たことと言えば......

冷凍食品をダイレクトにお弁当にしているのには驚きましたね。
まあ今の冷凍パスタとか美味しいですからね。
有り......かなあと思いましたね。

お昼ご飯は白米とレトルトカレー、時間になると
冷やご飯に冷やカレーをかけてレンジでチン。
......それはお弁当というより軽い調理でした。
そういう方法もあるのかと、これも驚きました。

何より驚いたのはパン一斤とジャムとバターを
持って来ている事でした。
トースターで焼いてその場でジャムとバターを
塗っていましたからこれも軽い調理ですね。

どなたも働くお母さんです。
そんなにお弁当に手間暇かけていられないんでしょうね。

この時は驚きよりも色々と工夫するものだなと少し感動しましたね。

このブログ記事について

このページは、たかやが2016年7月19日 12:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いまさらですが、調べてみました」です。

次のブログ記事は「パクチー、意外と人気?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク